給食の時間

幼稚園給食 : 2021年11月25日

学校給食とは

学校給食は、学校給食法に基づき実施され、成長期にある児童生徒の心身の健全な発達に資するものであり、かつ、児童生徒の食に関する正しい理解と適切な判断力を養う上で重要な役割を果たすものです。
1 目的と役割
 我が国の学校給食は、明治 22 年(1889 年)に山形県鶴岡町の私立忠愛小学校において始まったとされています。この給食は、貧困児を対象に宗教的な救済事業として無償で給与されており、今日の学校給食の目的とは異なっていますが、教育の中に給食を取り入れた先駆けとして記録されています。
 昭和 21 年 12 月に発せられた「学校給食実施の普及奨励について」の文部、厚生、農林三省次官通達により、学校給食は教育活動の一環として位置付けられました。昭和 29 年には「学校給食法」が制定され、学校給食の法的根拠が明確になり、教育活動として実施されることになりました。平成 20 年6月に学校給食法が大幅に改正され、従来からの目標である学校給食の普及充実に加えて、「学校における食育の推進」が新たに規定されました。食育の観点を踏まえ、学校給食の教育的効果を引き出し、学校給食を通じて学校における食育を推進するという趣旨が明確になりました。
 学校給食は、成長期にある児童生徒の心身の健全な発達のため、栄養バランスのとれた豊かな食事を提供することにより、健康の増進、体位の向上を図ることに加え、食に関する指導を効果的に進めるための重要な教材として、給食の時間はもとより各教科や総合的な学習の時間、特別活動等において活用することができます。
 特に給食の時間では、準備から片付けの実践活動を通して、計画的・継続的な指導を行うことにより、児童生徒に望ましい食習慣と食に関する実践力を身に付けさせることができます。また、学校給食に地場産物を活用したり、郷土食や行事食を提供したりすることを通じ、地域の文化や伝統に対する理解と関心を深めるなど高い教育効果が期待できます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。:

2021年9月25日幼稚園給食新着情報食育
学校給食法について
2021年11月27日幼稚園給食新着情報日配弁当食育
学校給食の栄養管理
2021年12月6日幼稚園給食新着情報日配弁当食育
学校給食の衛生管理3
2013年3月18日幼稚園給食新着情報
給食はいつからはじまった?
2013年6月5日新着情報食品豆知識食育
4校に1校が給食で地場産物を活用…内閣府「食育白書」 (リセマム) – Yahoo!ニュース