食育推進の必要性

食育 : 2021年8月12日

 食は人が生きていく上で欠かすことのできない大切なものであり、健康な生活を送るためには健全な食生活は欠かせないものです。また、健全な食生活を日々実践し、おいしく食べることは、人に生きる喜びや楽しみを与え、健康で心豊かな暮らしの実践に大きく寄与する物です。

 しかし、わが国では、急速な経済発展に伴い、生活水準が向上、食を取り巻く社会環境が大きく変化した中で、食に関する国民の価値観やライフスタイル等の多様化が進んできています。

 このような中、国民の意識の変化とともに、世帯構造の変化や様々な生活状況により、健全な食生活を実践することが困難な場面も増えてきています。

 国民の食生活においては、エネルギーや食塩等の過剰摂取や野菜の摂取不足等の栄養の偏り、朝食の欠食に代表されるような食習慣の乱れが見られ、近年、朝食を欠食する児童生徒の割合も横ばい傾向となっています。これらに起因する肥満や生活習慣病は引き続き課題である一方、若い女性のやせ傾向等の健康面での問題も指摘されており、引き続きこれらの課題の改善に向けた取組が必要です。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。:

2021年8月26日食育
食育推進
2021年9月20日幼稚園給食食育
食育推進基本計画の推進
2021年8月16日食育
児童の食生活を取り巻く状況等
2021年8月30日幼稚園給食食育
食に関する問題
2021年9月11日幼稚園給食日配弁当食育
食育基本法の施行