児童の食生活を取り巻く状況等

食育 : 2021年8月16日

 子供に食生活の乱れや健康に関して懸念される事項、例えば、偏った栄養摂取や不規則な食事などの食生活の乱れ、肥満や過度のやせ、アレルギー等の疾患への対応などが見られ、増加しつつある生活習慣病と食生活の関係も指摘されています。成長期にある子供にとって、健全な食生活は健康な心身を育むためにかかせないものであると同時に、将来の食習慣の形成に大きな影響を及ぼすもので、極めて重要です。子供のころに身についた食習慣を大人になって改めることは、容易ではありません。このため、成長期ある子供への食育は、障害にわたって健やかに生きるための基礎を培うことを目的としています。

 また、古くから各地で育まれてきた地域の伝統的な食文化等、国民の食文化に関する意識が希薄化し、うしなわれていくことも危惧されています。このため、食を通じて地域等を理解することや失われつつある食文化の継承を図ることが重要です。食は、それぞれの国や地域の風土及び伝統に根ざした文化的な営みであり、失われつつある食文化の継承や地域の産物の理解の上でも大きな意義を有するとともに、団らんなどを通じて社会性を身に付けるという効果も期待できます。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。:

2021年8月30日幼稚園給食食育
食に関する問題
2013年10月4日新着情報食育
児童生徒の肥満で公立校の食育計画見直し (福島民友新聞) – Yahoo!ニュース
2021年9月11日幼稚園給食日配弁当食育
食育基本法の施行
2021年8月12日食育
食育推進の必要性
2021年9月25日幼稚園給食新着情報食育
第3次食育推進基本計画における学校で取り組むべき施策