食中毒警報

新着情報 : 2014年8月20日

食中毒警報
 8/20日に愛知県健康福祉部から今年3回目の食中毒警報が出されました。
気温30度以上が10時間以上継続すると食中毒が発生しやすくなります。
食中毒予防に「食中毒予防の3原則」に注意して、体調管理には十分気をつけてください。

「食中毒予防の3原則」
・「菌をつけない」-手や包丁・まな板の洗浄・消毒をする。生肉は容器に入れる。など
・「菌を増やさない」-早めに食べる、冷蔵庫などで温度管理をするなど
・「菌をやっつける」-ハンバーグなどの食品は内部まで十分に加熱するなど

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。:

2011年8月8日社長の独り言
食中毒警報発令 午前11時、愛知県健康福祉部は今年3回目になる食中毒警報を 発令しました。 今回発令の理由は「気温30℃以上が10時間以上継続したとき、 又は…
2013年7月23日新着情報食品豆知識
食中毒警報
2013年5月30日新着情報食育
焼き肉のO157食中毒、減らず 生肉原因は大幅減 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース
2013年4月2日新着情報食品豆知識
ドクゼリでの食中毒事件
2013年10月12日その他新着情報
食中毒の三原則