浜松市26年度予算案 集団食中毒対策に4500万円 年6回の定期検査 (産経新聞) – Yahoo!ニュース

その他 : 2014年2月13日

浜松市は12日、総額5450億円、一般会計2741億円と、いずれも前年度を上回る平成26年度予算案を編成した。給食パンによるノロウイルスの集団食中毒を受け、対策として給食の調理に従事する全員に年6回ノロウイルスの定期検査を行うことを決定。費用として4500万円を計上した。

 ノロウイルス定期検査の対象は、保育園、幼稚園、小中学校や給食センターの調理員や、給食委託業者の従業員ら計1400人。市では「自覚症状のない『不顕性保菌者』を発見することで、感染拡大を防ぎたい」としている。手洗いマニュアルの徹底や、健康記録表を使った給食従事者の健康管理といった対策も拡充する。

 市は今年度は緊急対策として、関係者全員に月1回のノロウイルス検査を実施しているが、これまでは症状が出た場合のみの検査で、定期的には行われていなかった。費用が1人につき1回5千~1万円と高額であるにもかかわらず、検査直後に感染して検査をすり抜ける可能性もあり、効果が見えにくいことが理由だという。

浜松市26年度予算案 集団食中毒対策に4500万円 年6回の定期検査 (産経新聞) – Yahoo!ニュース.

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。:

2013年1月11日社長の独り言
ノロウィルス対策に効果的かも? 置くだけでインフルエンザウィルスを不活性化させ、 ノロウィルスにも効果的との事で対策に苦慮している 飲食関係者としては夢の薬とな…
2012年12月27日社長の独り言
各企業様でも飲食関係者ほどではないにしろ、ノロウィルスに気をつけて下さい。
2012年12月22日新着情報
ノロウイルス対策に消毒・手洗いを強化しています
2014年1月18日その他幼稚園給食新着情報日配弁当
浜松で集団食中毒
2013年3月8日新着情報食品豆知識
春日井市保健所の検便検査