現金に付着している細菌の量は? (@DIME) – Yahoo!ニュース

その他 : 2013年7月30日

各種工業製品や環境の汚染微生物について調査研究している衛生微生物研究センターは、2013年5月、東京23区内の飲食店ならびに物販店で採取した紙幣と硬貨を対象に、汚染細菌の付着状況を把握する調査を実施し、調査結果を発表した。

今回の調査では、実際に市中に出回っている現金の汚染実態を把握することを目的に、調査員が東京23区内の10か所の店舗において買い物を行い、紙幣と硬貨をお釣りとして収集。その上で、日常的な買い物によく使用されると考えられる千円札、百円玉、十円玉を選定し、また汚染細菌が付着しやすい形状だと想定される穴あき硬貨として五十円玉を加えて、合計4種類をそれぞれ10枚ずつ検体として用いた。なお、汚染細菌数の測定は、紙幣は両面をそれぞれ専用の培地に押し付けて培養し、培養後の汚染細菌の集落をカウント。また、硬貨は滅菌水で洗い出した液を希釈培養する方法を用いた。

引用元: 現金に付着している細菌の量は? (@DIME) – Yahoo!ニュース.

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。:

2013年9月14日その他新着情報
【比べる×調べる】食器洗い スポンジの細菌汚染に注意! (産経新聞) – Yahoo!ニュース
2013年9月10日新着情報食品豆知識
お釣りのチェック、衛生面も サルモネラ菌やコカイン、お金に付着 (MONEYzine) – Yahoo!ニュース
2013年7月3日新着情報食育
ノロ捕まえる腸内細菌発見…北大などのチーム (読売新聞) – Yahoo!ニュース
2013年7月3日新着情報食育
“正しい手洗い”が食中毒の予防につながる? (ダイエットクラブ) – Yahoo!ニュース
2013年7月30日その他新着情報
子どもの朝食の調理時間、約7割が10分以下……簡単で栄養満点の“秘策”とは (RBB TODAY) – Yahoo!ニュース