子どもの学力向上と朝食の関係性 (@DIME) – Yahoo!ニュース BUSINESS

新着情報 : 2013年7月25日

「よく体を動かし、よく食べ、よく眠る」という、成長期の子どもにとって必要不可欠である生活習慣の乱れが懸念されて久しい。文部科学省では生活習慣の乱れは、学習意欲や体力、気力の低下要因の一つと指摘し、平成18年4月から「早寝早起き朝ごはん」全国協議会を発足。PTAをはじめ、経済界、メディア、有識者、市民活動団体、教育・スポーツ・文化関係団体、読書・食育推進団体、行政など、幅広い関係団体の参加を得て、「早寝早起き朝ごはん」運動を民間主導の国民運動として推進している。

引用元: 子どもの学力向上と朝食の関係性 (@DIME) – Yahoo!ニュース BUSINESS.

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。:

2013年3月20日新着情報食育
朝ごはんは何で大切?
2013年7月30日その他新着情報
子どもの朝食の調理時間、約7割が10分以下……簡単で栄養満点の“秘策”とは (RBB TODAY) – Yahoo!ニュース
2013年7月11日新着情報食育
小中高に「スーパー食育スクール」…中間報告案 (読売新聞) – Yahoo!ニュース
2021年8月16日食育
児童の食生活を取り巻く状況等
2013年10月19日新着情報食育
「朝食で地元のコシヒカリを食べよう」 新潟県南魚沼市「コシヒカリ条例」の狙いは? (弁護士ドットコム) – Yahoo!ニュース