焼き肉のO157食中毒、減らず 生肉原因は大幅減 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース

新着情報 : 2013年5月30日

【森本未紀】生食用の牛肉の衛生管理が厳しくなった2011年以降、生肉や生レバーが原因の腸管出血性大腸菌O(オー)157の食中毒は減る一方で、焼き肉による食中毒は減っていないことが、国立感染症研究所の集計でわかった。感染研は、焼き肉を十分に加熱するなどして、食中毒を予防するよう呼びかけている。

 07~12年のO157食中毒のうち、生肉や生レバー、または焼き肉が原因になった患者数を、集団発生を除いて調べた。

焼き肉のO157食中毒、減らず 生肉原因は大幅減 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース.

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。:

2013年7月11日その他新着情報
O157などの注意報発令 岡山 (産経新聞) – Yahoo!ニュース
2014年8月20日新着情報日配弁当
食中毒警報
2013年10月12日その他新着情報
食中毒の三原則
2014年1月27日その他新着情報
ノロウィルス感染源は?
2013年10月4日その他新着情報
キノコ狩りの季節「迷ったら食べないで」 群馬で食中毒 (朝日新聞デジタル) – Yahoo!ニュース