激動の2013年度

その他 : 2013年5月9日

食品業界では今年度は例年にも増して厳しい状況が続きそうです。
昨年の後半から徐々に原材料が高騰し始め、4月からはあらゆる原材料が
大幅値上げとなっています。

しかし、原材料が高騰してもその分を製品に転嫁できない状況が各企業
続いています。

また、消費税の増税も目前となり、以前消費税が上がった時の様に高額商品が売れ、食品や日用品の購入は控える状況が同じように起きています。

アベノミクスで円安になりトヨタ自動車は利益が大幅にアップ になり社員のベアアップに・・・
しかし、中小零細企業は材料費が上がっても販売価格は上がらないので、ベアアップは殆どみられません。

大企業は工場を海外に作っているので、昔の様に円安で大企業が潤うと下に降りてくるというのは幻想となっています。

今後の企業経営は益々難しいですね。

しかし、変化を受け入れ前向きに手を打ち続けている企業は伸びています。
外部環境を意識しつつ、さまざまな手をスピーディーに打っていく必要があります。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。:

2013年10月1日幼稚園給食新着情報日配弁当
消費税
2013年9月18日その他新着情報
電気料金の値上げ
2014年3月15日新着情報異業種交流会
あいち産業労働ビジョン2011-2015
2014年4月1日その他新着情報
本日から消費税率アップ
2013年4月15日新着情報異業種交流会
アベノミクス