加熱したが…大阪南港で取ったムール貝で食中毒 (読売新聞) – Yahoo!ニュース

新着情報 : 2013年5月2日

 大阪市は1日、同市住之江区南港南の防波堤で採ったムラサキイガイ(ムール貝)などを食べた夫婦が食中毒を発症したと発表した。

 症状は軽く、すでに回復しているという。市が食べ残しを調べたところ、国の規制値の33~66倍にあたる貝毒が検出された。

 市によると、大阪府内に住む30歳代の夫と40歳代の妻。4月28日、防波堤に付着していたムラサキイガイなどを採り、いためたり、ゆでたりして、夕食時に1人30~40個ずつ食べたという。29日未明にしびれやふらつきなどを訴え、救急搬送されたが、30日に退院した。

 ムラサキイガイなどの貝毒は加熱しても毒性は消えないという。大阪湾の二枚貝には貝毒が広がっており、市や府は注意を呼びかけている。加熱したが…大阪南港で取ったムール貝で食中毒 (読売新聞) – Yahoo!ニュース.

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。:

2014年8月20日新着情報日配弁当
食中毒警報
2013年5月24日新着情報食品豆知識
食中毒:トリカブトに注意 鶴岡・60代女性、シドケと間違える /山形 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース
2014年1月18日その他幼稚園給食新着情報日配弁当
浜松で集団食中毒
2011年8月8日社長の独り言
食中毒警報発令 午前11時、愛知県健康福祉部は今年3回目になる食中毒警報を 発令しました。 今回発令の理由は「気温30℃以上が10時間以上継続したとき、 又は…
2013年7月3日新着情報食育
“正しい手洗い”が食中毒の予防につながる? (ダイエットクラブ) – Yahoo!ニュース