朝ごはんは何で大切?

新着情報 : 2013年3月20日

昔から、人は朝になると起きて活動をして夜になると眠ります。
この1日のサイクルはすごく大切です。

朝・昼・夜の生体リズムが順調だと、しっかり活動ができて勉強や運動も
活発に行えます。

そこで重要なのは朝、決まった時間に起きる事と朝ごはんです。
まず、起きてから朝の光を浴びて、そして朝ごはんを食べることで
体内時計をリセットして体が目覚めてきます。

料理をよく噛んで味わう事で胃や腸も目覚めます。そして脳の働きも活発
になってきます。

そして体全体が活動モードになります。ですので、一日の始まりに食べる
朝ごはんは大切なんです。


また、噛むという事が出ましたが、噛む事はとても重要で食べ物をかみ砕いて
小さくし、味わうという事だけではありません。

よく噛むと、あごの発達も促しますし、その周りの血管や筋肉が刺激されて血液の流れがよくなります。

結果として脳の働きも活発になり、記憶力や集中力が高まります。
この事は、いろいろな実験などからも明らかになっているようです。

みなさん、ぜひ沢山噛んで食べて下さい。

by 春日井のお弁当屋さん

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。:

2013年7月25日新着情報食育
子どもの学力向上と朝食の関係性 (@DIME) – Yahoo!ニュース BUSINESS
2013年10月19日新着情報食育
「朝食で地元のコシヒカリを食べよう」 新潟県南魚沼市「コシヒカリ条例」の狙いは? (弁護士ドットコム) – Yahoo!ニュース
2012年11月15日新着情報
食育一口メモ
2013年3月16日幼稚園給食新着情報食育
幼稚園児の偏食
2013年3月7日新着情報食育
お弁当で食育