お弁当は家庭の食卓の鏡

幼稚園給食 : 2013年3月27日

昨日、春日井市内の幼稚園の園長先生とお話していた時に手作り弁当の話題になりました。

その幼稚園は月に何度か手作り弁当の日がある のですが、普段子供たちが家でどんなものを食べているか、ちらっと見ているそうです。

好き嫌いが多い○○君のお弁当を見たときには衝撃を受けたみたいです。
茶色や白いものしかなく・・・モノトーンのお弁当といったら解りやすいのでしょうか。
好き嫌いの多い○○君のお母さんが、好きなものだけ入れて、全部食べれるようにというお母さんの愛情だったのですが、

○○君は隣の席の子のオレンジが入っていたり、ウィンナーが入っているカラフルなお弁当をうらやましそうに見ていました。

普段、家で食べないものでも、りんごをうさぎの形にしたり少しの工夫で食べれるようになる場合があります。

キャラ弁というのは少しやりすぎな感じもしますが、それでも子供が楽しんで嫌いなものも食べれるようになるなら、それもアリかな?と最近思いますとおっしゃっていました。

子供が見た瞬間に、おいしそう!食べてみたいなぁ!と思える見た目も大切ですね。

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます。:

2013年2月16日幼稚園給食新着情報
いい食材との出会い
2012年3月27日社長の独り言
本日、某幼稚園にて来期からの打ち合わせを園長先生と担当の先生としていたのですが、「偏食解消」でどの様に取り組めばいいのか?とのお話がありました。 好き嫌いもある…
2013年3月7日新着情報食育
お弁当で食育
2012年11月15日新着情報
食育一口メモ
2013年3月16日幼稚園給食新着情報食育
幼稚園児の偏食